笠井潔、光文社。というわけで笠井にも手を出すべぇ、と思いとりあえず一番分厚い本をとったらこれもシリーズものの途中。ははははは。まぁやや装飾過剰気味の重い文体と、ペンダティックな内容は巧く噛み合っていると思う。
しかしまぁ、ミステリと思想と歴史の部分が混じり合わさっていないので飲み込みにくく感じた。「美濃牛」なり「薔薇の名前」なり、ミステリとしての上質さとペンダントリーをしっかりとかみ合わせた先例と比べると、少々見劣りがするのが正直な感想。ううむ。まぁ笠井は読んでみよう。